銀座コージーコーナー

首都圏を中心に全国で約400店(首都圏に約200店)を展開している銀座コージーコーナー。

テイクアウト専門店ではジャンボシューとかケーキなど、ケーキと言えば銀座コージーコーナーっていう位お馴染みのお店だったけど、最近は近所のお店が閉店した事もあって買う機会は減った。

場所によってはレストランや喫茶店も併設している店舗もあって、社名の意味は「憩いの場所」(cozy=居心地のよい、corner=空間)という意味みたいです。



焼菓子やチョコレートなどが、菓子コンテストのモンドセレクションを、2003年まで7年連続で受賞していて、本業の菓子製造販売の他では、1994年からは食品残渣を処理する装置をもとに開発した農業用排水汚泥処理装置の販売も行っていて、2012年には初の居酒屋業態「ブラッスリー」を宇都宮に開店していたりと以外に幅広い活動をしていた銀座コージーコーナー

聞くところによると、2008年にロッテホールディングスに買収され、ロッテの子会社になっていたみたいで、あまりこういう話ってニュースになっていないんでビックリした。

取引先にお菓子とか持って行っていた時には、よく銀座コージーコーナーに寄って、取引先に持参するお菓子を何度も買った思い出がある。

カフェと言えば水道橋にあるコージーコーナーや巣鴨にあるコージーコーナーにも、何度か言った記憶があるけど、お手軽な値段と美味しさが魅力で、この記事を書いていたらまた久々に行きたくなってきた。



Filed under: 未分類 — 12:39:00

カリスマアパレル店員

カリスマのアパレル店員と言えば柳原可奈子ちゃん!
じゃなく~(笑)

もちろん渋谷109のカリスマアパレル店員!!

1994年、鬼頭一弥が株式会社エゴイストを設立し、1999年に渋谷109にショップを開店すると、森本容子や中根麗子といった、カリスマ店員が活躍し、当時のブームになった!

売上も驚異的な記録をたたき出した!!

 hanaw.jpg

エゴイストはギャル系のブランドで、体のラインを綺麗に表現するセクシーな服が特徴らしいです。
ルミネやパルコにも店舗があって、当時はそこのブランドの紙袋を持っているだけでオシャレ~みたいなそんな風潮すらあった。

最近ではカリスマ店員と言ったら柳原可奈子ちゃんしか思い浮かばないかも~~なんていうか、OPCの情報のもとで、ロムロンの派遣社員になって以来、109で服をあんまり買わなくなったからね。

可奈子ちゃんの持ちネタで「渋谷109カリスマアパレル系ショップの店員」とか「中央・総武緩行線西船橋駅近辺の女子高生」とかテレビで見た事あるけど、あのどくどくしさが共感出来る~(笑)

たしかにあーいう店員いるし、いらっしゃいませーも、いらっしゃいませ~↓とか、いらっしゃいませ~↑とか、いらっしゃい↓まっせー↑・・・

みたいなやつとか、結構人によって個性が出る。

最近だと竹下通りで面白いのを見かけた。
もちろん行ってないからテレビで~

田舎にも田舎のカリスマ店員とかいるのかなー大阪とかすごい個性的な人とかいそうけど、結構好きかも。

近いうちに買い物でも行こうと思う。



Filed under: 未分類 — 0:00:00

言い間違え

子供の言い間違えは結構面白くてかわいいね。

たとえば、自動販売機を水道販売機って言っていたり、コンビニを全てローソンって言っていたり、言葉の覚え方が面白い~
何となく意味がちゃんと伝わるから面白い~

他にも、

ディズニーランド ⇒ ミッキーランド
食べかけ ⇒ 食べくち
キッチン ⇒ チッキン
歯磨き粉 ⇒ ハブラシ粉

等があったが、ミッキーランドでディズニーランドだって事は伝わるし、ハブラシ粉が歯磨き粉っていうのも伝わるから不思議だね!(笑)

    ehehee.jpg

あたし的には水が買える自動販売機を水道販売機と言ったのが秀逸だと思うよ。
最近は、めいが大きくなって言い間違いが無くなったけど、逆にそれがさみしいけど、この前、あたしの会社オムロン(http://haken.en-japan.com/c_1477/)をオモロンって言うのが確実に確信犯だったけど、面白かった。

子供の頃は、成長に応じて色々色んな言葉を覚える度に、色んな面白い言葉が聞けて新鮮だったのを覚えている。

言葉を話すようになっただけでも面白いのに、それが間違えた言葉だったりすると、本来なら直すべきなんだけど、直すのも伝え方が面倒だったのと、面白いので、ついついそのままの言葉で合わせて会話をしていたんで、あねに甘やかすなと起こられたことを覚えている。(笑)

ちなみにコンビニは全てローソンで覚えていたので、セブンイレブンやファミリーマートを見ても、「コンビニに行く!」って言っていた!!

だから家族以外の人が聞くと「?」となっていたが、家族はあまり気にしてなかったね。



Filed under: 未分類 — 0:00:00

サンリオピューロランド

キャラクター系のアミューズメント施設といえば「ディズニーランド」な訳だけど、都内にはもう一つキャラクター系のアミューズメント施設がある。

それが「サンリオピューロランド」だ!

園内は子供とカップルが中心で、幅広い層が来場するディズニーランドとは違って、どこかほのぼのとした空間である。

アトラクションとしては、ほのぼのとしたジェットコースターと言えるかどうかも怪しい乗り物と、各種ショーが繰り広げられている。

目玉はやはりショーで、サンリオキャラクターがうたって踊るエンターテイメントだ。

    

曲もなかなか良く、ショーのストーリーも大人が見ても楽しい!

特に楽しかったのが「秘密の扉」というショーと、園内中央に集まって、観客とキャラクターが一体になって踊るショーが楽しかった。

観客も参加型なショーなので、物凄く盛り上がり、建物内にいる人たちは、あの爆音でついつい見てしまう。

子供たちは目が釘付けになって盛り上がっていて、その一体感がまた楽しい。

そして「秘密の扉」はシナモンという、サンリオの人気キャラクターが活躍するショーなのだが、ミュージカル調になっていて、くまモンとかふなっしーが激しく踊るのをイメージするとわかると思うが、シナモンがあの短い手で、激しく踊る姿は可愛い。

そして一緒に踊るダンサーもカッコいい!

このショーが気に入って、「秘密の扉」のビデオを購入!

あとでそのビデオを見てわかった事だが、裏のダンサーの名前とかプロフィールを見てみると、踊っている人や声優は結構有名な人が出ていて、そういうのを見ても得した気分になった。

でも、どうして、子供のいないあたしはサンリオピューロランドにいったんでしょう~?
実は、こちらの人材紹介の会社「オムロンパーソネル」で知り合った同僚たちと一緒に遊びに行ったからです。
BBQとかじゃなく、キャラクター系の遊園地が意外だったけど、はまってしまったぁ!(笑)

行った事が無い人は、大人でもなかなか楽しめるので、是非一度癒されに行ってみて下さい。

PS:事前にサンリオショップに行くと、レジ付近に割引券があるのでお得です!



Filed under: 未分類 — 0:00:00

リンパマッサージ

リンパマッサージとは、古くヨーロッパの病院で医療行為として行われたのが始まりと言われています。
リンパは血液と同じように体中を網目のように張り巡らされていて、「免疫機能」と「排泄機能」という役割を持っています。

リンパが正常に働いていると、免疫機能が高まり細胞の再生力も向上し、不要な老廃物をろ過して毒素排泄効果(デトックス効果)が高まります。

健康面、美容面ともに重要な役割を持っていますが、リンパ系には心臓のようなポンプ機能が無いので、自然には流れなく、滞りやすいみたいです。

    

リンパの循環が滞ると、健康面・美容面に悪影響が出る為、マッサージをする事で、血行が良くなるように、リンパの流れも良くなります。

ですので、リンパマッサージを行う事で、血行を良くし、代謝を上げ、リンパ液がスムーズに流れる事で肩こりや腰痛、頭痛なども良くなったり、むくみも取れると言われてます。

そして、リンパの流れをマッサージで活性化し、血行を良くする事で、自律神経の乱れを戻しホルモンバランスを正常にして、体調や見た目だけじゃなく、不眠やイライラなど精神的な不調も改善されると言われています!

場所によっては自分でもマッサージ出来るので、是非試してみたいですよね!良いことがありそう~



Filed under: 未分類 — 0:00:00